RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【creco】iPhone OS 3.0 のブラウザから使えるようになったGPS現在位置情報をTwitterに投稿するJavaScript
http://creco.net/2009/06/17/iphone-os-3_with_w3c_geolocation_api/

今日から一般配布が始まっているiPhone OS 3.0のSafariから、なんとGPS情報が使えるようになりました。これはSafariのW3C準拠の一環で、他にもHTML5に対応するようになっています。モバイルと言えど、次世代ブラウザ対応は必須ですね。

上記エントリーではこのiPhone Safari向けに早速GPS機能を利用したWebアプリの開発方法が紹介されています。最近の携帯はブラウザからGPS情報が利用できる場合が多いので、User Agentの切り分けとかすればiPhoneのみならず多くの携帯電話に対応できそうです。

ただ、iPhoneで使う場合、CPUを酷使するのか筐体が暑くなったり、バッテリー消費が激しかったりするようなので、使用の際には注意しましょう。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【WindowsケータイFAN】Software Contest/開発
http://windows-keitai.com/?Software%20Contest%2F%E9%96%8B%E7%99%BA

Windows Mobileのアプリケーション開発の手法について解説されています。Visual StudioもExpression版使えば無料で開発できたりとなかなか開発者にとっては有難いWindows Mobileですが、その辺もちゃんと書いてあります。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【engadget日本版】iPhone 3G S 対 iPhone 3G 詳細比較リスト
http://japanese.engadget.com/2009/06/08/iphone-3g-s-iphone-3g/

6/8に米国で開催されたApple社の一大イベント「WWDC」は、スティーブ・ジョブス不在ながら大きなプロダクトが次々と発表され、想像以上の盛り上がりを見せているようです。そんな中で最も注目を浴びているのが、やはりiPhoneの新機種「iPhone 3G S」と「iPhone OS 3.0」です。iPhone OS 3.0は6/17(水)から配布が始まり、iPhone 3G Sはなんと6/26(金)から日本でも販売が開始されます。この販売までの期間の短さには正直驚かされました。

上記記事では既存のiPhone 3Gと新機種のiPhone 3G Sの性能比較を行っています。

これを見る限り、従来機種の方が2gだけ軽いみたいですが、まぁそんな違いに気付く人はいないでしょう。個人的にはカメラ機能の充実や電子コンパスの装備、バッテリー持久力の伸びは非常に興味を引きます。スタジアムとかでズーム機能がないと、選手の顔とか全然撮れないんですよねぇ。

なんにせよ今からiPhoneの購入を考える人は、断然6/26まで待つべきです。…既にiPhoneオーナーの私はそうそう買い換えるわけにもいかないので、次回(来年)のWWDCで次の新機種が発売されるまで、ジッと堪える日々が続くことになりそうですが。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【ITpro】iPhoneコンテンツをブログのように作成できるサービス,インフォテリアが開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090602/331176/

インフォテリア社といえば先月米国法人とWebサービス「lingr」を閉鎖したばかりですが、一方で新しいビジネス展開も用意していたようです。は6/2、iPhone・iPod Touch用に簡単にコンテンツを作成・配信できるサービス「Handbook」の提供を開始しました。

まずコンテンツ配信者は、コンテンツ作成・配信用Webサービス「Handbook Studio」からコンテンツを作成、保存し、利用者にコンテンツのキーコードを通知、利用者は専用ビューワー「Handbook」を通してこれらのコンテンツを閲覧することが出来ます。オフラインでも閲覧可能なよう、DL機能も備えるとのこと。コンテンツはまるでblogのような感覚で作成でき、HTMLなどのWebの知識やiPhoneやiPod Touchの専門知識は一切不要。iPhoneアプリはAppStoreで無料配布するようですが、iPhone3.0から開始される月額課金で収益を得ることを見越してのサービスみたいです。なるほど。

iPhone特有の加速度センサーなどの機能については特に触れられていないようなので、月額課金専用のブラウザとコンテンツ作成サービス、といったところでしょうか。現在の既存携帯コンテンツに近いものが欲しいサービスプロバイダーには便利なサービスだと思います。


【@IT】インフォテリア、iPhone向けコンテンツ作成・配信サービス開始
【日経トレンディネット】ブログ感覚でiPhone向けコンテンツを作成/配信できるサービス、インフォテリア
【マイコミジャーナル】インフォテリア、iPhoneコンテンツ作成・配信・閲覧サービスを提供開始



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【ITpro】グーグルがAndroidアプリ開発コンテストの第2弾を発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090528/330823/

Googleは5/27、Androidアプリのコンテスト「Android Developer Challenge 2」を開催すると発表しました。昨年にも同様のコンテストが実施されており、今回が2回目となります。

今回のコンテストは8月中に募集が始まり、10月中旬に審査の一次結果発表、11月中に最終審査結果が発表される予定です。日本でも6月からAndroid携帯が発売されることになりましたが、なんとか2ヶ月程度は実機を手元に置いた状態でコンテストにチャレンジできるようですね。

カテゴリがいくつか存在し、各カテゴリの一位にはなんと1,000万、三位でも250万程度の賞金が出るようです。前回より応募のハードルも下がっていますし、一攫千金を目指してみてはいかがでしょう?



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【_level0.KAYAC】Flasher が iPhone (iPod Touch) アプリを作ってみた。
http://level0.kayac.com/2009/05/flasher_iphone.php

制作物のみならず、ビジネスの手法など各方面から注目されている「面白法人」KAYAC社からiPhoneを傾ける事で演奏できるiPhoneアプリ、「GravSynth」がリリースされました。

上記エントリーは、そのiPhoneアプリの開発裏話です。

このiPhoneアプリを開発された方はJava出身だったようで、Objective-CやC、C++に馴染むのに大分苦労されたようですが、反面、iPhone開発ではCやC++のライブラリを利用することが出来た為、元々CやC++からActionScriptに移植されたライブラリを使用する際にはすんなりと入ることが出来たようです。

この記事が分かるのは、まずiPhone開発にCやC++のライブラリが使えること。もう一つはFlashの経験者であれば他の人よりはハードルが比較的低くiPhone開発に入ることが出来るようです。

【面白ラボBM11】GravSynth iPhone / iPod touch アプリ第一弾。重力でコントロールする重力シンセ登場!
【kiteretsu.kayac】GravSynth の音作りの Tutorial ができました!
【_level0.KAYAC】Flasher が iPhone (iPod Touch) アプリを作ってみるのにオススメな本



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【Keep Crazy;shi3zの日記】ケータイAjax新時代
http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20090520/1242785947

昨日(5/19)、ドコモから携帯電話の新機種が発表されました。以前当blogでもお伝えしたAndroidケータイや映画とのタイアップのエヴァケータイが話題の中心ですが、他の機種も今までにない機能を色々と新しく実装しています。

その中で比較的ひっそりと盛り込まれているのが、上記エントリーでも触れられている「iモードブラウザ2.0」です。

今までのHTMLのみに対応していたiモードブラウザ1.0と比べて、JavaScriptやRSSなどに対応するようになりました。元々Flash Liteが使用できていましたから、これにより更にRIA的なサイトの構築が可能になるようです。

iPhoneやAndroidの話題に隠れていますが、iモードも10年目の節目を迎えて更に進化しようとしています。ユーザーとしては選択肢が増えるのは喜ばしいことだと思います。

【builder by ZDNet Japan】iモードのJavaScript対応とiPhone
【福井プログラマー生活向上委員会】i-mode2.0でJavascriptが使用可能に
【livedoorディレクターblog】iモードブラウザ2.0への取り組み
【ケータイWatch】iモードがJavaScriptやCookie対応、Flash動画も
【AKABANA】iモードブラウザ2.0
【ockeghem(徳丸浩)の日記】ソフトウェアアップデートでP-07AのJavaScriptが使えなくなった



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【Adobe Edge】wonderflでActionScript 3.0の新機能を使ったコーディングを勉強しよう!
http://www.adobe.com/jp/newsletters/edge/april2009/articles/article3/

Flash Player10で利用できるようになった機能を、wonderflに投稿されているサンプルと一緒に紹介されています。どれも普通にFlash / Flexで開発しているとなかなか使わない機能なので、いざ使わなくちゃいけない時に実装方法を勉強するのは大変だと思います。wonderflにはさまざまなFlashサンプルが投稿されていますので、FP10の機能に限らず、色々と参考にさせてもらうと良いと思います。



ヨウイチ


テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【フジサンケイBusiness.i】NTTドコモ、台湾メーカー製のグーグルフォン発売へ
http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200905140159a.nwc

ついに日本にもAndroidケータイが上陸です。2009年6月よりNTTドコモから、LinuxとJavaをベースとしたOS「Android」を搭載した台湾HTC社製の携帯電話が発売されることが判明しました。

現時点では機能に関する情報は少なく、
 ・ソフトウェアキーボードのみ(物理キーボード無し)
 ・通常価格5万円(条件付で実質2万円で購入可)
 ・iモードメールが利用可能
という程度しか分かっていません。

Androidの今年の世界出荷数は昨年の900%に達する、という予測もあるようですが、日本でもやっとそこに参戦できる舞台が整いそうです。

【CNET Japan】NTTドコモ iPhone対抗 グーグルフォン来月にも投入
【GIZMODE Japan】ドコモ、Android(アンドロイド)携帯を6月に発表
【GIGAZINE】いよいよ来月発売されるNTTドコモの「Androidケータイ」、価格はなんと2万円台に
【CloseBox and OpenPod】ドコモAndroid「HTC Magic」はiPhoneに課せられた「壁」を超えられるか?
【Google Japan blog】Android 搭載携帯を日本の皆さんに


ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【デジタルな広告たち】アマチュア・プログラマ Android SDK 1.5 を動かす
http://hiroya.typepad.jp/blog/2009/05/android-sdk-15-.html

こちらより引用。Android1.5の開発環境の設定方法、及び設定においてつまづいた点が紹介されています。

Androidがバージョンアップしたことにより、特有の手間が生じているみたいですね。Androidにトライする際には、是非参考にしてみてください。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。