RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【前向きな技術者になるためのブログ】httpsでアクセスできない
その1 / その2 / その3

最近、私の携わるFlexシステムでの障害に、
「XP & IEで起動するとユーザーによってはシステムエラーが頻発する」
という、トンデモなものがあります。
以前、Vista & IEでシステムエラーが起こっていて
それが散々苦労した挙句やっと解決したばかりなのに…。

最初はユーザーの誤操作か、Flash Playerが古いだけだと
勝手に思っていたんですが、
ログを調べてみるとFlash Playerから「Error #2032」が
山ほど出力されていました。
(700件/日くらい、ハッキシ言って異常)


で、調査をしたところ、見つけたのが上記のエントリー。

IEもしくはFlash Playerのバグで
httpsアドレスに対してIE上のFlash(Flex)でアクセスしようとすると
IO Errorが発生することがあるそうです。

…そうか、httpsでかつIEでないと再現できないのか。
どうりでIT環境じゃ再現できないわけだ。
(IT環境はSSLの実装は行ってません)

どうやらレスポンスヘッダの
「Pragma: no-cache」と言う指定を変えることで
対応できそうなんですが、サーバサイドの担当者に
「これを行うと影響範囲がでかすぎて
 今すぐ『Go!』とはとても言えない…」
と言われてしまいました。

使用しているOSSプロダクトのソースにまで
手を入れないといけないらしく、
さらにキャッシュが有効化されたことで
システムの運用にどのような影響を与えるか、予測できない
とのこと。まぁその通りですね。


そんな訳で現在対策を検討中です。
IEだけにしか起こらないなら、
VScript使うとかで対応できんかなぁ、とか
(VScriptはIE上でしか動作しない)
勝手に考えてるんですけど、どうなんでしょ?



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。