RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【woshanohito】Flex画面の拡大縮小
http://d.hatena.ne.jp/woshanohito/20080309/1205040684

こないだやったばっかりなので、メモメモ。

― Flexの準備 ―
<mx:Application>タグに以下の指定を追加します。

initialize="systemManager.stage.scaleMode=StageScaleMode.SHOW_ALL"


― HTMLの準備 ―
SWF呼び出し部分の記述を以下のように変更します。

<object classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000"
    id="Test" width="100%" height="100%"
    codebase="http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/swflash.cab">
    <param name="movie" value="Test_v20080516.swf" />
    <param name="quality" value="high" />
    <param name="bgcolor" value="#869ca7" />
    <param name="allowScriptAccess" value="always" />
    <embed src="Test_v20080516.swf" quality="high" bgcolor="#869ca7"
        width="100%" height="100%" name="Test" align="middle"
        play="true"
        loop="false"
        quality="high"
        allowScriptAccess="always"
        type="application/x-shockwave-flash"
        pluginspage="http://www.adobe.com/go/getflashplayer">
    </embed>
</object>


Flexの描画サイズをピクセルで指定していたものを
「100%」とパーセント表示に変更します。


あとはWindowサイズ変更すれば勝手にFlex画面も
拡大したり縮小したりすればOK。


サンプルも用意してみました。→こちら
ポップアップで表示された画面の「大」「小」を押すと、
それに応じてExternalInterface.call()で
以下のようなJavaScriptを呼び出し、
ウィンドウサイズを変更するようにしています。

> window.resizeTo(width, height);

今回は予めFlex画面をwindow.open()で開いて
画面サイズを指定しておくようにしました。

私の従事案件では、お年寄りなど弱視の方の為の対応として
この機能を実装しています。
同様に弱視の方の為に、Webサイトの文字を
読み上げてくれるソフトも市販されていますが、
これはまだFlash / Flexには
対応していないものが殆どのようです。

今後ハンディキャップを背負った方の為の
Webアプリの作成が、大手コンシューマ向けだと
ある程度必要になるのかもしれません。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。