RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@IT】 JavaをJavaScriptに変換するグーグルのツールを使ってみよう(GooGle Web Toolkit / GWT)
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/googlewebtoolkit01/03.html

以前、Google Web Toolkit1.4(GWT)がリリースされた記事
紹介しましたが、じゃあそもそもGWTはどういうものなのか、
ということを説明したのが上記の記事です。

最大の特徴は、
Javaで書いたクライアントアプリケーションを、
 JavaScriptやHTMLに変換してくれる

ことです。

その他
 ・GWTに用意された多数のウィジェットの組み合わせで
  新しいウィジェットが作れる
 ・フロントとサーバーの連携が簡単
 ・多くのブラウザをサポート
 ・Javaソース内にJavaScriptが書ける
などなど、開発し易い要素が盛り沢山です。

記事中には実際のコーディング方法も書かれています。
記事自体はver.1.0がリリースされた頃に
書かれたものですので、
GWT1.4とは多少差異があるかもしれませんが、
まだまだ十分参考に出来ると思います。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。