RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【OZACC.blog】AS3 デコンパイラ
http://blog.ozacc.com/archives/001762.html

逆コンパイラを探していて発見したエントリー。

肝心の逆コンパイルツールはこちらのページの
画面の下の方にある、「AbcDump.zip」というリンクから
入手可能です。

実行の方法はいたって簡単。
AbcDump.zipを解凍すると
「AbcDump.exe」という実行ファイルが入った
フォルダが出来上がるので、コマンドプロンプトで

C:\AbcDump>abcdump Hoge.swf

と、引数にSWFファイルを指定して叩くだけです。

無事逆コンパイルが完了すると、
「Hoge.swf.il」
というような、「.il」という謎の拡張子の付いた
ファイルが生成されます。
あとはこれをテキストエディタで読み込めばOK。


…大変なのはここからです。
なにせFlex SDKのクラスまで全て詳細が吐かれる為、
情報量が多すぎて欲しい情報までなかなかたどり着けません。
私が試しに逆コンパイルした500KBくらいのSWFの場合、
出力された情報は39万行になりました。読めるかそんなの!

出力されている情報の内容も、
細かいメソッドの中の処理の内容は吐かれておらず
なぞのパラメタとかが並んでいます。
多分、プロパティかなんかだとは思うんですが。

ただ、含まれているクラスは全部把握できるので
性能改善なんかをやる時には
余計なクラスが混ざってないか、調査できるかも。
しかし、別途ツールを開発して
必要な情報だけフィルタリングしないと
読んでるだけで日が暮れてしまいますがな。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。