RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@IT】5分で絶対に分かるSOX法と内部統制の違い
http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/special/five_internalsox/00.html

昨日は全国的な休日にも関わらず、
会社の研修会なるものがありまして…
まぁそれはどーでもいいんですが(代休も貰えるみたいだし)。

そこで出た単語の一つに「JSOX法」という言葉があり
隣の人と「何だっけ、これ?」と首をかしげたことがありました。
そんな折にたまたま上記の記事を見つけたので
エントリーしてみた次第です。


日本版SOX法」又は「JSOX法」と呼ぶこともありますが、
早い話が
「上場してる会社やその子分は
 常によそ様に恥ずかしくない財布の中身でいて、
 なおかつちゃんとそれを報告しろよ」
という法律のようです。

エンロンやワールドコムといった超大企業が
粉飾決算(嘘ついて企業の業績を良く見せかけること、犯罪♪)
などをやらかした挙句、
2001年に相次いで倒産したことなどがきっかけになって
企業に対してより厳しい姿勢を求めたのが
米国で2002年に制定されたSOX法です。

日本でもライブドアやカネボウなどが
粉飾決算をやらかしましたが、
そういうのを連発されると株主は困るわけですな。
要するに、企業がやる詐欺な訳で
会社の言ってること信用して株買ったら
実は嘘ばっかりで大損こきました、とか。
それを防ぐ意味で日本でもこのSOX法が
2008年4月からの企業活動に対して
施行されることになったわけです。
これが始まると、企業は決算時に公開する書類が
一気に増えるとのこと。

大体において「JSOX法」は
内部統制」というキーワードと共に使われることが
多いようですが、JSOX法は基本的には
財務の部分だけに焦点を当てたものです。
それに対して内部統制は、財務も含めた、
企業活動の全てが健全で合法的に行われるように
することを指します。
まぁ「内部統制」は法律の名前じゃ無いですけどね。


詳しくは上記の記事を読んでみて下さい。
多分私の説明よりは、そっちの方が分かり易いと思います。




ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。