RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【_level0.CUPPY】e4x の落とし穴
http://level0.cuppy.co.jp/2008/01/e4x.php

e4xはXMLの記述内容を
オブジェクトへの参照と同じ手法で取り出せる方法です。

たとえば…

<item>
  <test01> てすと壱 </test01>
  <test02> てすと弐 </test02>
  <test03> てすと参 </test03>
</item>

というXMLオブジェクト"xml"があったとして

 xml.test02

という風にアクセスすると
「てすと弐」という文字列が取り出せます。

とってもラクチンなんですが、
当たり前といえば当たり前の話で、
ActionScriptの予約語がXMLのkeyに使われていると
(ex: <catch> きゃっちぃ </catch>)
そのnodeにアクセスする記述を書いたときに
コンパイルエラーが発生してしまいます。

上記エントリーには回避方法も掲載されています。
まぁそんなに難しい手法でもないので
XMLを扱っていてもし謎のコンパイルエラーが発生したら
この記事を思い出してみてください。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。