RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【builder】Ajax活用のポイント:ページ遷移とユーザビリティの関係
http://builder.japan.zdnet.com/sp/ajax-2007/story/0,3800083510,20364885,00.htm

Ajaxはユーザの操作に応じて非同期通信を行い
画面遷移(orリロード)無しで画面の一部レイアウトを
動的に変化させることが可能ですが、
画面遷移が無い、と言うことが
ユーザーに画面が変わったことを分かりにくくしている
というデメリットになってしまう場合もあります。

上記ではそのような事態を防ぐ為、
変化した部分をハイライトしたりアニメーションさせたり、
といった、インパクト付けを、
Spryを使ってどのように実装するか説明しています。

便利なだけじゃダメ、きっちり自己主張しないと、ってことですな。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。