RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CNET Japan】グーグルと松下が提携、ビエラからYouTubeにアクセス
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20364334,00.htm

今日の日経新聞の一面トップ記事でもありました。
松下電器産業がGoogleと提携し、
ウェブアルバムのPicasaと動画サイトのYouTube
閲覧できる機能をプラズマテレビに搭載すると発表しました。

YouTubeでは.wmv、.avi、.mov、.mpgといった
ファイル形式での投稿を受け付けていますが、
投稿できる動画ファイルサイズには制限があります。
(最大10分100MB)

テレビで見るなら10分だと短すぎますし、
仮に再生時間の制限を外したとしても
プラズマテレビで映すに耐えられる画質の動画となると
相当量のファイルサイズが必要なのでは。

この機能は
「そういうことは一切気にしない。
 とにかくテレビでYouTube動画が見れれば良い」
というものなのでしょうか?
パソコンに慣れて無い人がYouTubeを見るだけなら
便利なのかもしれませんが、
既にPCでヘビーユーザーの私としては
ちょっとイマイチ効果が良く分からないです。

あと、早い話が
「Flash Videoがテレビで閲覧可能になる」
ということなのでしょうから
同様の仕組みのニコニコ動画やAmeba Visionなんかも
色々いじくればきっと閲覧できるんだと思います。
(ニコ動のコメント機能は無理だろうけど)



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。