RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ITpro】"リッチ"で変える
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071012/284447/

ちょっと古い記事なのですが、
ひまわり証券やベルシステム24、JALなど、
実際のRIAアプリの開発事例を紹介しながら、
RIA開発特有の注意点を説明しています。

RIAによる開発は、既存のHTMLと比べて
工数が1.5倍程度かかると言われています。
それゆえに設計時点でしっかり考慮しておかないと
手戻りが非常に多くなってしまいます。
それはクライアント側のみならず、
データを作成するサーバー側も同様です。

また、RIAによる画面は
平面的なUI設計では十分機能が説明できず、
顧客との意識のズレが生じやすいです。
記事中では、業務を実装しない
動作のみを説明させるサンプルの場合もある、
とありましたが、アニメや映画で用いられる
絵コンテのようなものもあった方がよいかもしれません。

RIA案件で上流工程を担当する際には
この記事にあるような内容を頭に入れていないと
下流(開発・テスト)工程でヒドイ目に逢うかも。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。