RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@IT】[Flex裏技集] クッキー保存、SWF通信、JavaScript連携
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/flexjissen06/flexjissen06_01.html

今回の記事で紹介されている
SharedObject, ExternalInterface, LocalConnectionは
Flexだけでクライアントを作成すると
さほど必要ないかもしれませんが、
たとえば、既存のPHPサイトと平行稼動させる、
なんて時にはどうしても必要になります。
(SharedObjectはそうでもないか?)

ExternalInterfaceは、記事中のサンプルでは
ラッパーHTMLにJavaScriptを書いていますが、
Flexの中でJavaScriptを書いて
ラッパーに押し付ける方法もあります。


 function jsSample():void
 {
    // JavaScriptを記述
    var str:String = "document.insertScript = function() {"
    + "window.alert('ExternalInterfaceサンプル');"
    + "}";

    // JavaScriptをキック
    ExternalInterface.call( str );
 }



これをやると、ラッパーHTMLに手を入れなくて済むので
手間が省略される場合もあります。
(まぁ人によりけりです。プロジェクトの方針もあるだろうし)



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。