RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ITmedia】Flash PlayerがH.264に正式対応
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/04/news065.html

先週頭にFlash Playerの最新版がリリースされました。
これに合わせてdebug用のPlayerもリリースされています。
必要に応じてインストールし直してください。

で、このFlash Player v9.0.115、記事中にもあるように
H.264とHigh Efficiency AAC(HE-AAC)をサポート
するようになりました。
ようはキレイな動画が見られるようになったんですが、
反面、私の開発現場ではさっそく問題が起こってます。

以前までの最新版だったv9.0.047は
なぜかMacだと、Windowsよりも
画面表示した際の文字サイズが大きくなってしまい、
文字の下部分が切れて読めなくなってしまう、
という現象が起こっていました。

その為、Macの場合には専用のサイズ調整を行って、
Windowsより若干小さめに表示されるようにし
画面に表示した際、Windowsとの違和感を
なくしていました。

ところが、今回のバージョンアップで
Macの文字サイズが大きくなってしまう、
というバグが改善されてしまった為に、
我々のシステムではMac専用のサイズ調整が災いし、
Windowsよりもはるかに文字サイズが
小さく表示されるようになってしまったのです。

…改善してくれるのは有難いけど、
あと半年早く対応してくれ、Adobeさんよぉ(落涙)。
とりあえず前と違って文字は読めるので、
このままで行くことになりそうですが、
なんだかやるせないです…。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。