RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@IT】中央省庁もIE6からIE8へ移行を――NISCが推奨
http://www.atmarkit.co.jp/news/201006/18/nisc.html

 6/17(木)、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、各府省庁に対しインターネットブラウザのInternet Explorerを6から8への移行を推奨したことを明らかにしました。

 IE6はインターネットブラウザ史上最も普及したブラウザですが、その仕様はマイクロソフト独自のものに偏っており他のブラウザと互換性が低く、表示内容に違いが出るなど問題の多いブラウザでした。それに加えて非常に長い間トップシェアを誇ってきたことが災いし、現在ではセキュリティホールだらけになってしまいました。毎月のようにパッチを発行しますが、それも手に負えないところまできており、マイクロソフト自身「腐った牛乳だから捨ててくれ」とユーザーに懇願するまでになってしまったのです。

 現在のIEの最新版は8です。当然IE6よりは安全なブラウザと言えます。今回のNISCの通達は政府レベルでこれをIE6→8の移行を促すことで、安全なWebサイト閲覧を保とうという動きです。NISCは他にも「複数のブラウザの使用」も推奨しています。

 IE6はWindows XPなどに標準で組み込まれており、マイクロソフト自身も簡単にサポートを中断することが出来ません。それに加えてビジネスオフィスでは利用者がPCの管理者権限を持たず、安全だからと言って簡単に移行作業が出来ないのも現状です。政府レベルで移行を促す動きがあれば、こういったあまりセキュリティ的に宜しくない状況の改善が加速できるのではないかと期待したいところです。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。