RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこそこ規模が大きくても何とかなるjavascriptの設計(URL dispatcherの薦め)
そこそこ規模が大きくても何とかなるjavascriptの設計(URL dispatcherの薦め) 【KAYAC engineers' blogより】
http://tech.kayac.com/archive/javascript-url-dispatcher.html

JavascriptがAjaxの流行などにより一般化するにつれ、その重要度は高まっています。
今回紹介するのは、1つのJavascriptファイルに全体を記述し全ページでその一ファイルのみを読み込む場合に、機能ごとの切り分け方法の一例です。

正規表現でURLを解析しURL毎にライブラリや関数を読み込むと言う方法で行っています。
うまい方法だとは思いますが、やはり肥大化や設定の誤りのリスクが怖いかなと思いました。

元記事には実際のコードなどもありますので、開発時のJavascript実装の参考にしてみてください。

K.Y


スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。