RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTMLのidとclassでいい名前をつけるテクニック
【レビュー】HTMLのidとclassでいい名前をつけるテクニック 【マイコミジャーナルより】
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/28/html-id-class-naming-rule/index.html

プログラムを作成する際の命名規約については、よく言われることの一つです。
処理を追わなくても、コメントがなくても、一目でどのような用途に使用されているのかがわかるように名前をつけろというのが定説です。
しかし、一目でわかるように命名されているものは数少ないのが現実です。

今回の記事では、下記の3つの質問の答えにより命名する方法を紹介しています。
・対象となる要素の機能はなにか、なぜそこに配置されているのか、その目的はなにか。
・ほかに同じような要素はあるか、どの程度似ているのか、どういった違いがあるのか。
・同じ目的で要素を使っているサイトはあるか、そうしたサイトではどのような名前になっているのか。

タイトルでは「HTMLのidとclass」となっていますが、他の言語でも利用できるテクニックなっているので参考にしてみてはいかがでしょうか?



自分で作ったプログラムの関数やクラスに名前を付ける時や、データベースのテーブル設計時にテーブル名やカラム名について、「あとになって苦労しない」うまい命名のノウハウがありましたら教えてください。 【人力検索はてなより】
http://q.hatena.ne.jp/1185387959

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。