RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQLiteのテストコードは4567万8000行! 本体のコードは6万7000行
SQLiteのテストコードは4567万8000行! 本体のコードは6万7000行 【Publickeyより】
http://www.publickey1.jp/blog/10/sqlite45678000_67000.html

テストがプログラム作成よりも重要なのは開発を行ったことがある方なら身を持って知っていることであり、実際にテストコードを大量に記述していることでしょう。

しかし、軽量なリレーショナルデータベースとして人気のSQLiteでは、
本体のソースコード約6万7200行なのに対しテストコードはなんと4567万8300行もあるそうです。

わかっていてもテストコードを本体のソースコードの約679倍も書くことは中々無いと思います。
この事が様々なアプリケーションに使用されているSQLiteの信頼を作り出していると言う事ですね。

実際に私たちが開発を行う際にもテストコードが信頼を作っていると言うことを常に心に止めて、ダレてしまいがちなテストを実施していきましょう。



SQLiteを使うべき10の理由と5つのデメリット 【CPA-LABテクニカルより】
http://www.cpa-lab.com/tech/046

プログラマーにとってのテストの重要性 【Publickeyより】
http://www.publickey1.jp/blog/10/post_92.html

ソフトウェア開発の「パンドラの箱」を開けないために 【@IT MONOistより】
http://monoist.atmarkit.co.jp/fembedded/articles/kumikomi/18/kumikomi18.html

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。