RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JavaScriptが遅い4つの原因とは?
JavaScriptが遅い4つの原因とは? 【Publickeyより】
http://www.publickey1.jp/blog/10/javascript4.html

ブラウザ戦争真っ盛りな今日この頃ですが、現在のブラウザのバージョンアップ情報の中に必ず入っている事と言ったら「Javascriptの実行スピード」でしょう。

というのも、急激なAJAXの流行によりJavascriptの重要度、処理能力が求められるようになりました。
その結果、今まで重視されてなかったブラウザのJavascriptの実行速度が遅いと言われるようになってきました。

では何故Javascriptは遅いのか?
元記事によると以下の4つの原因があるようです。

・インタープリタ型言語
・動的型付け言語
・クラスが存在しない
・配列が存在しない


詳しい事は元記事を見ていただくとして、Javascriptのコーディング時のメリットとしてよく言われている事(?)がそのままデメリットとなっているのは色々考えてしまいますね。
メリットがあればデメリットもあるという事でしょう。。。

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。