RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査の難しい「OutOfMemoryError」事例、5選
調査の難しい「OutOfMemoryError」事例、5選 【@ITより】
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/trouble_knowhow04/01.html

「OutOfMemory」つまり、メモリー不足エラーはJavaの開発を行う上で一番やっかいな問題といっても過言ではないでしょう。
というのも、通常の例外だとログを追うことで発生場所はわかりますが「OutOfMemory」の場合はログを追うだけでは原因を突き詰めるのは困難であり、
更なる調査が必要となってきます。

本記事では発生場所であるJavaヒープ、Cヒープと、Cヒープの中でもnative methodの説明と、原因がわかりずらいCヒープでの「OutOfMemory」の事象として5つの事例を挙げて説明してくれている。

上でも書いたが、Java技術者の方は「OutOfMemory」とは長くお付き合いをする必要があるので、目を通しておいたほうがよいと思います。



OutOfMemoryエラー発生!? GCがあるのに、なぜ? (1/2) 【@ITより】
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/troublehacks05/troublehacks05_1.html

Java Out Of Memoryが発生したときのアプローチ 【Tips??ブログより】
http://caomushunzhi.blogspot.com/2008/12/java-out-of-memory.html

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。