RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザの環境に合わせてコンテンツ量を変化させる
ブラウザのサイズに合わせてコンテンツの量を自動調整して配置するスクリプト -Content Scaling
コリスより】http://coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/jquery-plugin-content-scaling.html

確かにこのライブラリは凄いと思うが、それ以前にこの発想が出てこない。
なんらかの一覧を表示する際に決めた数だけ出すのではなく、ユーザの環境に合わせてサイズや数を変更するのがユーザビリティーだと思う訳です。
本来なら画像で出すか、動画で出すか、テキストで出すか、どれだけ出すか、どれから出すかなど色々な情報を駆使してユーザの求めてるものに導くのがいいのでしょうが。
そこまでやると求めているものと違っているとうざったいと感じるわけで。

控えめにかつ使いやすく求める情報に誘導する事が大事。

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。