RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GAE】 Google App Engine で T2 + Flex プロジェクトを作成
GAE/JでFlexアプリ作りたいな~なんて思いたち、勉強がてらにちょっと試してみました。
プロジェクト作成からはじめてローカルサーバでの動作確認までにケッコーつまずいたので、今後のためにメモメモ。
最初の一歩でこれだけつまずくってことは、僕もまだまだGAEにもFlexにも理解が足りていないんだなぁと再認識させられました。

1. Viliプラグインをインストール
EclipseのSoftware Updatesから、T2プロジェクトのアップデートサイトを指定してViliプラグインをインストールします。
詳細はこちらから。

2. T2 + GAE/J プロジェクトの作成
Viliを使ってT2 + GAE/Jプロジェクトを作成します。
新規Viliプロジェクトで「T2プロジェクト for GAE/J」を選択することで特に迷うこともなく作成できます。
「スケルトン固有」タブでGAEのアプリケーションIDを指定することができます。

3. 最新のjarに置き換え
上記手順で作成されたプロジェクトでは、T2関係のjarは0.6.0のものが使われています。
T2のサイトからt2amf-blankをダウンロードし、そこに含まれるt2-0.6.1-ga.jar、commons-0.6.3-ga.jarで置き換えてビルドパスを通します。

4. Flexプロジェクトの特性を追加
パッケージエクスプローラからプロジェクトを右クリック > [Flexプロジェクトの特性] > [Flexプロジェクトの特性を追加] を選択。
[アプリケーションサーバの種類] で 「なし」 を選択し、[出力フォルダ] に 「war」 を指定します。
これでFlexプロジェクト特性が追加されました。

…が、main.mxmlがsrcフォルダに作成されている(汗
FlexのソースコードとJavaのソースコードは別々のフォルダに分けたいので、Flex用のソースコード格納先として「flexsrc」フォルダを作成します。
パッケージエクスプローラから右クリック > [Properties] > [Flexビルドパス] を選択し、[メインソースフォルダ] を 「flexsrc」に修正してOK。
main.mxmlをflexsrcに移動します。

5. 設定の変更と不要なものの削除
一発目のリクエストでmain.mxmlが動き出すようにします。
web.xmlの<welcome-file-list>を以下のように修正します。

<welcome-file-list>
    <welcome-file>main.html<welcome-file>
</welcome-file-list>

次に、html、swf、css、jsファイルなどを静的ファイルとして扱うよう、appengine-web.xmlを修正します。

<static-files>
    <include path="**.css" />
    <include path="**.js" />
    <include path="**.html" />
    <include path="**.swf" />
</static-files>

あとJSP関係の設定はいらないので消しました。index.jspと/WEB-INF/pagesディレクトリも削除しました。

ここでCleanビルド。
なにやらエラーが発生しました。
「HTMLラッパーを作成できません。フォルダ"html-template"を再作成するにはここを右クリックしてください。」とのこと。
指示どおりにエラーメッセージを右クリックすると、「HTMLテンプレートの再作成」というメニューがあります。
たぶんこれを選べってことなのだろうと解釈してポチっと選択。
プロジェクト直下にhtml-templateフォルダが作成されました。

ここでもう一度Cleanビルド実行。
今度はエラーもなくmain.swfとmain.htmlが作成されました。

6. 動作確認
[Run As] > [Web Application]でJettyを起動して、http://localhost:8080へアクセス。
Flexデフォルトの青っぽい背景の画面が表示されれば成功です。


まとめてみると意外と簡単ですが、ブラウザからアクセスすると404や403で表示されずにハマりました。
appengine-web.xmlの設定についてまだまだ理解不足だったようです。
以前GAE + Mayaaで作った時は、**.htmlと**.mayaaをリソースファイルのほうに登録しておけば元気に動いてくれていたので、同じノリでリソースファイルとして登録すれば動くのかなぁ~、とか思ってました(ぉ
考えてみればプログラムからファイルの内容が読み込まれるわけじゃないので、静的ファイルに書かなきゃいけないのはあたり前田のクラッカーなのですがw

セイジ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。