RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【akihiro kamijo】Flash Player 10 におけるセキュリティ変更
http://weblogs.macromedia.com/akamijo/archives/2008/08/flash_player_10_6.html

Flash Player10からセキュリティが強化されています。

具体的には、SWF配信元と異なるドメインの
サーバと通信を行う場合、
適切にcrossdomain.xmlが配置されていないと
セキュリティエラーで通信ができません。

この変更はv9.0.r115の段階で既に実施されていたので
その段階でちゃんとcrossdomain.xmlの設定を
行っていれば、FP10導入時でも特に問題はありません。

crossdomain.xmlは通常、そのサーバのRootに配置します。
ただ、Flash / Flex側で任意のcrossdomain.xmlを
指定することもでき、その場合にはサーバのRootでなくても
通信することができます。

ただ、独自に指定していてもFlash Playerが
勝手にRootのcrossdomain.xmlを取りにいこうとして
404エラーになる場合があります。
この場合でもFP9までであれば、特に問題なく動作しました。

しかし、FP10からはどうも
このFlash Playerが(頼みもしないのに)
取ってくるcrossdomain.xmlが取得できないと
これもセキュリティエラーになるようです。
…なんつーメンドクサい。

私の関わる案件のテスト環境はちょうどこの状態で
FP10だと閲覧できなくなっちゃいました。
本番環境は大丈夫だったんですけど。

本当に上記が原因かはまだ確証が持てないのですが、
結果がわかり次第報告させていただきます。


【Adobe】Flash Player 10ベータでのセキュリティに関する変更について



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。