RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マイコミジャーナル】グローバルサイン、Adobe AIR向けコードサイニング証明書の提供を開始
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/09/21/002/index.html

グローバルサインは9/19から
Adobe AIR向けのコードサイニング証明書の
提供を開始しました。

AIRアプリのインストーラーを作る時には
電子証明書が必要になります。
これはAIRアプリがファイルアクセスが出来る、など
利便性を追求した都合上、その副作用として
「起動したらOSごと初期化されてしまう」
などと言った、
非常に危険なアプリも作れるようになってしまった為
アプリ開発元の証明を行う必要があるんですね。

Flex Builder3であれば
自分で証明書を作ることも出来るんですが、これだと
「作成元が不明でっせ」
みたいな警告が出ちゃいます。
やはり、企業として責任を持ってアプリを
提供するなら、正式な電子証明書が必要です。

グローバルサインが電子証明書の提供を始めたことで、
これまでだと海外の企業に依頼せにゃあならんところを
日本語だけで大丈夫になった、とのこと。
多くの日本人にとっては、とっても有難いです。

値段は、パッと見高いような気もしますが、
責任の値段なので、こんなものなのかもしれません。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。