RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhonista Nightに行って来ました。
http://mfria.blog106.fc2.com/blog-entry-960.html

iPhoneをビジネス的視点から考える
と言うテーマで開催された、iPhonista Nightに参加してきました。
平日ながら19:30-22:00までの長丁場で、
しかも内容は盛り沢山で行われました。

全部書いていると書ききれないので
要点だけ箇条書きに書いてみたいと思います。



― iPhoneの特徴 ―
・iPhoneのSafariはタグブラウザじゃない
・Safari割当のメモリが少ないのでは?
・ページをいっぱい開くと落ちる
・Ajaxを使いすぎると落ちる
・CSSで通常サイトでもiPhone向けレイアウトに変更できる



WebアプリNativeアプリ
(Objective-C)
工数少ない多い
情報オープンクローズド
機能制限以下は使用不可能
・GPS
・加速度センサー
オールOK
課金クレジットカード等、別途仕組みの構築が必要AppStore



― 主な機能 ―
○マルチタップ
 指で触ってUIを操作。こする動きが面白い。
 ex.スクラッチ宝くじ

○GPS
 位置情報

○加速度センサー
 筐体の前後左右の傾きを感知

○カメラ
 アプリと連動したカメラ機能

○音声認識
 鼻歌で歌った曲名を教えてくれるサービスも。
 同じメロディーであっても歌詞の違いで判断。
 ex.キラキラ星とABCの歌


― 携帯市場の現状 ―
・日本の携帯市場は飽和状態 → ゼロサムゲーム
・iPhoneは他のシェアを奪える
・Android等、後発の次世代携帯に影響を与えるのではないか?


― iPhoneとはどういう存在? ―
・ある程度のボリューム(需要)が見込める
・唯一のコンシューマ向けスマートフォン
・PCとモバイルの併用をしている人が利用者に多い
・AppStoreはWorld Wideに出られる
 ビジネスプラットフォーム
・これから来る次世代携帯の流れの先駆け、iPhoneはきっかけ


― iPhone開発のポイント:UI ―
・Apple流のUIデザインを踏襲せよ、独自路線に走るな。
 → AppStoreの承認が下りない(Nativeアプリ)、開発効率、など
・書くこと、書きやすさ、カメラの使い易さを追求(mixi)


― iPhone開発のポイント:機能 ―
・iPhoneの実機を入手すること
 (手に入らなくてテストに苦労したらしい)
・GPSの取り扱い
 都度地図をレンダリングしていると重くて使えない


― iPhone開発のポイント:人材 ―
・スキルを持った人材がいない
 (Objective-Cの習得には1ヶ月くらいかかる)
・IDEの「XCode」は使い易い
・XCodeでの開発経験はiPhone開発でも非常に有用


― iPhone開発のポイント:情報 ―
・Appleからの情報が少ない
・Google先生が全然教えてくれない
 (NDAのせい? とにかく情報が少ない)
・バグがあった時の切り分けが出来ない
 (アプリが悪いか、iPhoneが悪いか)


― iPhone開発のポイント:事務手続き ―
・AppStoreへの登録は大変、iPhoneらしいUIが求められる
・AppStore登録にはDeveloper登録が必要だが、時間がかかる


― iPhone開発のポイント:Web ―
・携帯向けサイト、PC向けサイトであっても
 iPhoneに対応させることで間口が広がる
 → viewportの設定、CSS
・既存サイトをiPhone向けに対応させるのであれば
 携帯向けサイトの方が対応し易い


― Nativeアプリは流行るか? ―
・Webアプリより利便性は高い
・Webアプリだと独自の仕組みを持たないと課金できない。
 NativeアプリならDLごとにAppStoreが課金してくれる
・開発コミュニティの活発化が必須
・NativeアプリをWebアプリの入り口にすることも出来る
・日本では流行らない? 海外を前提にしたほうが良い
・流行るには2~3年かかるのでは?
 (ex.一太郎とWordの話)


― 感想 ―

途中、
「女性の抱える問題をiPhoneアプリで解決する」
というテーマで、4~6人のグループに分かれて
アプリの案を考えるワークショップも行われました。

私の参加したグループの案は
「AppStoreのインフラを利用したお見合いシステム」
というインパクト重視のもので、狙いすぎたせいか
残念ながら審査員の心を射止められなかったようですが、
グランプリに選ばれた人には
iTunes Musicストアの購入券5000円分が
チーム全員に賞品として授与されてました。
うらやましい…。


参加してみて驚いたのは、
参加者の9割近くが既にiPhoneを持っていました。
持ってないのは私を含め数人だけ...orz


ちょっと不安に感じたのは
参加してた企業のほとんどがベンチャーであったこと。

ほとんどが起業から半年~1年半、というところばかりで、
中には起業してから1ヶ月、なんてところもあったみたいです。
それゆえ、どうしても
「山師が金脈漁りに来た」感はぬぐえませんでした。

まぁ多分ほとんどがちゃんと資金的な後ろ盾を
持っているんだとは思いますけど、
私の所属する企業はSIerなので、
そういったイメージが顧客に伝わってしまい、
提案した際に忌避されるのは避けたいところです。


あと、Nativeアプリの開発に
スキルチェンジに相当のコストが必要だと言うことを
改めて実感しました。
…Objective-C、難しすぎるんですよね。

NDA絡みで情報がWebに出にくくなっていたり、
Appleの提供するドキュメント自体はしっかりしているものの
英語なのでイマイチ十分に活用できなかったり、と
情報面でもかなりの苦戦を強いられるようです。

反面、Webアプリは、GPSや加速度センサーなど
iPhone独自の機能を使うことは出来なくても
今までのノウハウをそのまま使えるというのは大きいと思います。


最後に、一番強く印象に残ったこととして
参加者のほとんどが
iPhoneをそれ単体でビジネスになる、と言う考えではなく、
Androidなどのこれから先に出てくるであろう
次世代携帯の流れの先駆けとしてiPhoneを捉えており、
iPhoneで今のうちにノウハウを貯めておいて、
今後の携帯分野での躍進を狙っているようでした。

利用者自体も、携帯のヘビーユーザー、というより
PCでのWebのヘビーユーザーが
「Webを持ち歩く」ために使ってる人が多いらしいです。
iPhoneやこれから出てくる次世代携帯は
既存の携帯電話とは同一視しないで捉えた方が良さそうです。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:イベント・セミナー - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

私も参加した者ですが、盛りだくさんの内容でしたね。

私も少しずつiPhoneアプリを作ってますが、C言語の資産が多ければ、一気にObjective-C化をする必要は無いと考えてます。

勉強だけじゃつまらないですからね。

また、iPhoneやAndroidにも興味はありますが、自分でモバイルプラットフォームを作ることにも面白みを感じています。

小型軽量なプラットフォームは、いつの時代にも必要だと考えており、iPhoneを超えるシンプルさを追求したヤツを作りたいと、理想だけは持ってます(笑)。
2008/08/22 (金) 00:50:55 | URL | TK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。