RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の文字コード策定の歴史
プログラマのための文字コード技術入門を読んだ 【未来のいつか/hyoshiokの日記より】
http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20100214#p1

システム開発を行うに辺り、文字コードは切っても切れない重要な要素です。
が、何が違うのかほど種類がたくさんあったり、よくわからない原因で文字化けをしたり、頼りのWebや文献の情報も誤っている場合が多々あったりします。
shift_jisとeuc、unicodeの変換で困った事はどなたでも一度位あるのではないでしょうか?

そんなみんな嫌いな文字コード策定の歴史を80年代中期から説明してくれています。
↓の「そろそろUnicodeについて一言いっておくか」も合わせて読むと知らなかった文字コードの一面が見えてくると思います。

常日頃文字コードに悩まされている方は読んでみて下さい。
又、文字コード技術入門も良書と評判らしいので要チェックです。

そろそろUnicodeについて一言いっておくか 【未来のいつか/hyoshiokの日記より】
http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20090419#p2

文字コード 【Wikipediaより】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%97%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

文字コードの基本 【ITpro 総合トップより】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070209/261534/

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。