RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝ったら負け!? アイコンも使い方次第
謝ったら負け!? アイコンも使い方次第 【ユーザビリティ実践メモより】
http://www.bebit.co.jp/memo/2009/06/post_148.html

ユーザの入力が誤っている時に、検索機能で検索結果が表示されなかった場合。
ユーザに実際にデータがないのではなく、自分の入力が誤っていた事に気づいてもらい、再度検索を行ってもらうための一案です。

検索というのは様々な方法がありますが、1度検索結果が表示されなかった場合にその様々な方法が使用される事は稀です。
例えばサイト内検索でAというキーワードで検索してなかった場合には、大抵はそのサイトには目的の情報が存在しないと思い別のサイトに移動してしまいます。
そんな時に再度検索してもらう方法の紹介です。

実際に見てもらえればわかると思いますがアイコン一つで印象が随分と変わり、検索失敗の原因がユーザ自身が入力した事にあることが気づいてもらいやすくなると思います。

K.Y
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。