RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RX-7乗りの適当な日々】モバツイッターがEC2に移転したその後の話を聞いてきた(Amazon EC2 ナイトセミナ 第2回)
http://d.hatena.ne.jp/rx7/20090908/p1

モバツイッター」は今話題沸騰のオッサン向け(笑)Webサービス「Twitter」を携帯端末から利用しやすいようにと、個人が開発されたWebサービスです。私もTwitterを多少嗜んでいますが、個人的には机に向かいながら利用するよりは携帯電話からどこからでも気ままに利用するのが楽しいんじゃないかと思います(まぁそんな事言いつつ殆ど呟いてませんけど)。どうやら他の人もそのようで、このモバツイッターは非常に多くの方に愛用されているようです。

ところが愛用されすぎちゃってアクセスが個人のサーバでは捌き切れなくなってしまい、やむなくAmazon EC2に移行されたとのこと。上記エントリでは9/8に開催された「Amazon EC2ナイトセミナ」で、モバツイッターの開発者である藤川真一さんが講演された内容が子細に説明されています。

自宅サーバ運用中の苦労話だけでも壮絶でお腹いっぱいになってしまいそうですが、肝心のAmazon EC2の利用については準備した内容から要した費用、EC2を使用する上での苦労話など、クラウドを使用しようとする人間にとっては非常に参考になる情報ばかりです。

Amazon EC2はGoogle App Engineと異なり、小規模であっても有償利用になってしまう為、なかなかとっつきにくいのが実情ですが、それゆえこのように実際に試された方の体験談が聞けるのは非常に貴重です。クラウドに興味のある方は是非藤川さんのblogと合わせて参考にしてみてください。



【F's Garage】そろそろモバツイがEC2に移転した話でも書くとするか。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【ITpro】ECサイトから65万人の情報漏洩 20人が70時間,不眠不休で対応
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090604/331271/

上記記事では、ミネルヴァ・ホールディングスが運営するアウトドア用品販売のECサイト「ナチュラム」で、実際に起こったクレジットカード情報を含む情報漏えいに対して、どのように対策が講じられたかが紹介されています。

今回の事件ではFTPによる不正侵入とSQLインジェクションによる情報漏えいが原因との事。時系列に事件の顛末が紹介されており、対峙した方々の臨場感が伝わってくるようです。

Webに関わる技術者にとって、この事件は対岸の火事ではありません。セキュリティ対策が如何に重要か、肝に銘じて開発に取り組みたいものです。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【あるSEのつぶやき】複数バージョンの IE を表示可能な「IETester」が Windows 7 に対応
http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/ie-ietester-win.html

IETester」は同一筐体内で複数のバージョンのInternet Explorerを実行できる、というツールです。

通常、IEは同一筐体内に一つのバージョンしかインストールすることが出来ません。つまり、一回IE8にしてしまったPCはその後一切IE6や7が動かせないのです。これだとテストの時に凄く困りますよね。なにせテスト対象のバージョンの分だけPCを用意しなくちゃいけないのだから。

IETesterはIE5.5~IE8.0までを一つのPC内で動作させることができると言うもの。これだとPC一台で複数バージョンのIEをテストできるようになります。エンジニアにも地球にも優しいですね。

このIETesterが最新のWindows OS、「Windows7」に対応したそうです。Windows7は現在正式リリース目前で一部Microsoftパートナーのみが利用可能な状態ですが、リリース前から対応されているというのは大変心強いですね。

コンシューマ向けWebサービスを開発をされている方は是非利用を検討してみてください。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【ITmedia】Microsoft、「Silverlight 4」の新機能を発表
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0909/09/news082.html

今年の7月にSilverlight3が正式リリースされたばかりだというのに、もう次期バージョンの話が出ています。

9/8、米国Microsoft社はSilverlightの次期バージョン「Silverlight4」に関する詳細情報を明らかにしました。ネイティブでマルチキャスティングをサポートするほか、デジタル著作権保護(DRM)技術である「Microsoft Play Ready」をオフラインコンテンツ(DVD、BRD、etc...)にも適用できるよう機能強化するとの事。肝心のRIA開発部分に関しては今のところ未定ですが、おそらくは開発が進むにつれ明らかになってくるでしょう。

やはりこうやってニュースを読む限りだと、Silverlightは動画にフォーカスしている印象が非常に強いです。記事中にもAdobe Flash Playerとのシェアの差が開いていることに言及されていますが、動画だけ突き詰めても中々打開できないような気がします。SilverlightはFlashに打ち勝つ為に、どのような策を講じてくるのでしょうか。今後も注視したいところです。



【CNET Japan】マイクロソフト、「Silverlight 4」の詳細を明らかに
【japan.internet.com】Microsoft、『Silverlight 4』のデモを披露へ
【Flex Coder】Silverlight 4



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

センスのないWeb開発者達へ
全てのWeb開発者必見!!! いろのはなし 【How We Hearより】
http://d.hatena.ne.jp/brazil/20090908/1252391805

センス?何それ?おいしいの?
と普段から感じている私にもセンスの欠片くらいはつくであろう、色についてです。

勉強会での資料がPDFであるのですが、何も知識がなくてもよくわかるようにできています。
又、細かい所までは理解できなくても色の基礎的な所はわかりました。
これは本当に必見かもしれない。。。

K.Y

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。