RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経BPネット】「早く帰れるようになった、開発が楽しくなった」---SeasarConで7社が採用事例を発表
http://www.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20090615/331996/

6/13(土)に開催されたSeasar Conference 2009 Springの様子が紹介されています。

今回はSeasarプロジェクトで開発されたプロダクトの採用事例が多く紹介されたほか、Google App Engineに最適化されたSlim3、そのほか億のSeasarプロダクトが紹介されています。
カンファレンスで発表された資料の一部はこちらからDLできるようになっています。本来は生で聞いて、不明点は直接開発された方に質問するのが一番でしょうが、都合が悪くて参加できなかった方はこれらで補完してみて下さい。


【c9日記】Seasarカンファレンスに参加しました
【まさたか日記】事例紹介
【おおたに6号機blog】T2プロジェクトの方針転換
【ITpro】「Slim3はGoogle App Engineに最適化したフレームワーク」---SeasarConでひが氏が披露
【よねのはてな】Seasar Conference 2009 Springで登壇しました



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【c9日記】追い越せないポップアップ
http://d.hatena.ne.jp/c9katayama/20090602/1243928130

ポップアップは通常後からモーダル表示されたものが上になるよう表示されますが、上記エントリーのサンプルでは常に最上部に表示されるようなポップアップ画面の実装方法が紹介されています。…とは言っても、Alert表示されたものにはかなわないみたいですけどね。恐るべし、mx.controls.Alert;

サンプルソースも閲覧可能です。「追い越せないポップアップ」部分は勿論ですが、その他の部分もポップアップ実装初心者には非常に参考になると思います。是非閲覧してみてください。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【あるSEのつぶやき】巨大なサイズのファイルを簡単に作る方法
http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-ab26.html

WindowsXP / Vistaのコマンドで任意のサイズのファイルを作成する方法が紹介されています。

このコマンドで作成されたファイルは中身が全て「0」になります。…圧縮すると相当小さくなりそうなので、Windowsで作成→圧縮→Linuxにコピー、なんてことも出来そう。

負荷テストなんかで重宝しそうなテクニックです。是非活用してみてください。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【OZACC.blog】Flex内にiframe埋め込み
http://blog.ozacc.com/archives/001357.html

Flexモジュール内にHTMLのiframeを埋め込み、HTMLコンテンツをFlex内に表示しちゃおう、と言うものです。

デモを見てもらうと分かりますが、Flex(Flash)アプリ部分は右クリックでFlash用のコンテキストメニューを表示するところを、iframe表示されたHTMLコンテンツ部分はちゃんとHTML用のコンテキストメニューが表示されます。

ただ不便なこともあって、ドロップダウンメニューのようにHTMLの領域にFlashのオブジェクトが上書きされるのが望ましい動作の場合には、HTMLに隠れてドロップダウン部分が見えなくなったり、逆にドロップダウン部分が表示されることでHTML表示が解除されちゃったりする場合があります。これを防ぐには別途実装が必要そうです。

まだExternalInterfaceとの連携は試してないんですが、使えればかなり便利ですね。また、Flexの中でiframe→その中でFlash呼出→更にその中でFlashモジュール→以下エンドレス…、なんてことも可能です。…まぁそんなことに何の意味があるのかは不明ですが、多彩なサイト作りが可能になりますね。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【akihiro kamijo】E4X
http://weblogs.macromedia.com/akamijo/archives/2006/02/e4x.html

E4X(ECMASCRIPT for XML)におけるデータの取り扱い方法が説明されています。

記事自体はやや古めですが、FlexでもE4Xは採用されており、それは現在も変わりません。E4Xを利用することでXMLの扱いが非常に簡単になります。是非参考にしてみて下さい。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。