RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ITmedia】Apple、“世界最高速の”新Webブラウザ「Safari 4」リリース
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0906/09/news022.html

米国Apple社は6/8、同社のイベント「WWDC」内でSafari4の正式リリースを発表しました。

新JavaScriptエンジン「Nitro」を搭載することで旧バージョンのSafari3と比較して4.5倍の高速化に成功したほか、ブックマークをビジュアル的に表示する「Top Sites」、履歴検索機能「Full History Search」など新しい機能も実装されています。HTML5やCSSエフェクトといった次世代のWeb標準に準拠し、Acid3でも満点を記録しているとの事。今回のバージョンから日本語にも対応しています。

Safari4は現時点でWindwos版とMac版がDL可能です。


【GIZMODO Japan】Safari 4ファイナルバージョンリリース
【CNET Japan】アップル、「Safari 4」正式版および「QuickTime 10」を発表
【ZDNet Japan】アップルがSafari 4.0に巨大パッチ:50件以上の脆弱性を修正
【BB Watch】「Safari 4」正式版が公開、高速化と標準準拠をアピール
【lifehacker日本版】ついにリリース! Safari 4ファイナルバージョンは「世界最高速」か
【IT戦記】早くもソフトウェアアップデートでインストールできる
【coliss】Safari 4 正式版 ダウンロード開始
【CNET Japan】「Safari 4」の正式版--ベータ版からの変更点とパフォーマンス



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【engadget日本版】iPhone 3G S 対 iPhone 3G 詳細比較リスト
http://japanese.engadget.com/2009/06/08/iphone-3g-s-iphone-3g/

6/8に米国で開催されたApple社の一大イベント「WWDC」は、スティーブ・ジョブス不在ながら大きなプロダクトが次々と発表され、想像以上の盛り上がりを見せているようです。そんな中で最も注目を浴びているのが、やはりiPhoneの新機種「iPhone 3G S」と「iPhone OS 3.0」です。iPhone OS 3.0は6/17(水)から配布が始まり、iPhone 3G Sはなんと6/26(金)から日本でも販売が開始されます。この販売までの期間の短さには正直驚かされました。

上記記事では既存のiPhone 3Gと新機種のiPhone 3G Sの性能比較を行っています。

これを見る限り、従来機種の方が2gだけ軽いみたいですが、まぁそんな違いに気付く人はいないでしょう。個人的にはカメラ機能の充実や電子コンパスの装備、バッテリー持久力の伸びは非常に興味を引きます。スタジアムとかでズーム機能がないと、選手の顔とか全然撮れないんですよねぇ。

なんにせよ今からiPhoneの購入を考える人は、断然6/26まで待つべきです。…既にiPhoneオーナーの私はそうそう買い換えるわけにもいかないので、次回(来年)のWWDCで次の新機種が発売されるまで、ジッと堪える日々が続くことになりそうですが。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【builder by ZDNet Japan】「Opera 10」ベータ版がリリース--ブラウザを超え、統合ソフトを目指す新バージョン
http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20394352,00.htm

ノルウェーのOpera社は6/3、同社の最新ブラウザ「Opera10」をベータリリースしました。Windows、Mac OS、Linux版が用意されています。

今回の売りはなんといっても動作の高速化です。新たなレンダリング・エンジン「Opera Presto 2.2」を採用したことでOpera9.6と比較して40%以上のWebサイト表示の高速化を実現しています。Opera Turboという、Operaにインストールして高速化を実現するプロダクトも別にテスト公開されているのですが、これを使わなくとも十分早い描画を実現できるそうです。Web標準準拠テスト「Acid3」も100点満点を達成しているそうです。

またUIの初期設定スキンとタブバーが改良され、スピードダイヤルやツールバーのカスタマイズも改善されています。ブラウザ機能以外にも、メーラー、RSS、チャット機能なども用意されています。Web統合ツール、といった感じですね。



【マイコミジャーナル】Opera 10 ベータ登場
【日経BPネット】次期Webブラウザ「Opera 10」ベータ版、高速化技術「Opera Turbo」搭載やUI刷新など
【BB Watch】「Opera 10」ベータ版公開、高速化技術の搭載や標準準拠など
【lifehacker日本版】Opera 10ベータダウンロード開始。ターボモードやタブプレビュー機能が搭載されましたよ!
【builder by ZDNet Japan】Opera 10の目指すもの。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【CNET Japan】アドビ、クロスブラウザテストサービス「BrowserLab」の無償プレビュー版を公開
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20394278,00.htm

米国Adobe Systems社は6/3、Meer Meerというコードネームで開発されていたWebサービス「BrowserLab」の無償プレビュー版を公開しました。Web開発者が自身のサイトに対してこのサービスを使用すると、複数種類のWebブラウザでどのように表示されるかが確認できる、と言うものです。

対応ブラウザは「Internet Explorer 6or7」「Firefox 2or3」「Safari3」の3種類で、Flash上でそれぞれのブラウザをエミュレートしています。各ブラウザの表示内容を横に並べて、ブラウザ間の表示の違いを見ることも出来ます。現時点では無償利用が可能ですが、やがて有償利用に切り替えるとの事。それまでには一度は操作感を試しておきたいところです。

使用するためにはFlash Player10が必要です。このWebサービスを使うことで、クロスブラウザ対応がかなり容易になる事は間違いなさそうですね。

ちなみに、私も試してみようとしたのですが「ユーザーがいっぱいだからちょっと待て」と言われてしまいました。どうも最初の募集人数枠である5000人からもれてしまったようです。う~ん、残念。段階的にユーザーを増やしていく方針のようなので、それを待つしかないようです。



【nod::ぶろぐ:RIA::Flex/AIR/Flash】MeerMeerがBrowserLabsとして公開
【マイコミジャーナル】Adobe BrowserLab - IE・Firefox・Safariのレンダリング結果表示
【SOURCEFORGE.JP】米Adobe、クロスブラウザでWebサイトをチェックできる「BrowserLab」プレビュー版
【japan.internet.com】Adobe、Web サイト表示確認サービス『BrowserLab』を試験公開
【Internet Watch】米Adobe、各種ブラウザでの表示を検証できるオンラインサービス
【ITpro】さまざまなブラウザでどう見えるか検証できるサービス,Adobeが公開



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【Ajax Tower】Amazon Web サービス入門
http://www.ajaxtower.jp/ecs/

世界最大手のオンライン書店、Amazonは、開発者にAmazonの各種機能を使ってもらうためにWeb APIを公開しています。上記記事では、そのAmazon APIの使い方について解説しています。

サービスの提供元は日本のAmazonではなく、Amazon.comなので、英語の壁を乗り越える必要があるんですが、このサイトではアカウントの取得方法から詳しく説明してくれるので、ほとんど気にしなくて良いはずです。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。