RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@IT】「Javaは遅い」から「Javaは楽しい」に至る歴史
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/column/koyama/koyama12_1.html

↑サイトでjavaの歴史をアプレットやサーブレット、デスクトップアプリケーション、Java Web Startから振り返り、最近登場した ドラッガブルアプレットの説明に至り、javaは楽しくなったよって結論に至っていますが、個人的にはjavaは他の技術に比べ進化のスピードが遅いなーと感じていました。

そこで↓のサイトが一つの答えを出しています。

http://www.atmarkit.co.jp/news/200812/08/sun.html

Javaの生みの親と言われるジェームス・ゴスリング氏のインタビューです。
要約するとJCP(javaの仕様検討の場)において、javaは普及しすぎており一つの事を決定するにしても、利害関係者の意見を纏めるのに時間がかかる様です。
新しい言語によくある下位互換性が保たれない等の問題よりはマシですが、、、、、

JavaFXでの挽回を期待します。


ヒロアキ

スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。