RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Webと文字】ゆとり、キーボードの意味を知る
http://d.hatena.ne.jp/project_the_tower2/20081025/1224920510

> 【finalventの日記】今の子どもって、アスキーコードとかも分かってないのかもね

私もあんま知らなかったですねぇ。
と言うわけで、キーボードの由来について
解説されたエントリです。

要するに、タイプライターが由来なので、
タイプライター事情により決まったんですね。納得。

所謂「歴史」に相当するものなので、
知らなくても別に支障無い内容です。
ただ、知っていた方が
人生は豊かになるかも知れないですね。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【IT戦記】JavaScript はどのように実行されるか
http://d.hatena.ne.jp/amachang/20081025/1224944124

ブラウザにHTMLがロードされた後、
JavaScriptがどのように実行されるか、を
SafariのWebkitのソースを解析されたんでしょう、
その詳細を説明されています。

別に中の仕組みを知らなくても
結果として動けば問題は無いのですが、
知っていればそれを踏まえた上で
実装できることもあるでしょう。

少なくとも、知っておいて損は無いです。
ちょっと難しいかもしれませんが、
余暇を見つけて参考にしてみて下さい。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【IDEA*IDEA】リンクをクリックするとどこでもドアが現れるw『docodemodoor.js』

http://www.ideaxidea.com/archives/2008/10/docodemodoorjs.html

こんなこと、よく思いつくなぁw。

この「dokodemodoor.js」を読み込んだページで
リンクをクリックすると、
どこでもドアが開いてリンク先に飛びます。

せっかくなんで、このエントリに仕込んでみました。
ちょっとだけドラえもん気分を味わってみて下さい。
(実際には、50:50くらいでしかうまく動きません。何故だ?)
うざったい人は、画面右上のスイッチを切れば
通常のリンクに戻ります。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【Life is beautiful】プレゼン資料:iPhone Phenomenon
http://satoshi.blogs.com/life/2008/10/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E8%B3%87%E6%96%99iphone-phenomeon.html

ワイヤレス関連の、なんとプレゼン公開前の発表予定資料が
解説付きで公開されています。

資料自体は英語ですが、日本語の解説があるので
英語ダメダメさんな私でも読めました。
基本的にはMobileの動向について、
主にiPhone vs Javaという構図で書かれています。

Java、というより、iモードなど
Javaのアプリが動く端末、というべきでしょうか。
端末の種類が多くなると
ソフトをリリースする為のコストが大きい、
と言うことみたいです。

たぶんAndroidにも当てはまるんじゃないでしょうか。
インフラや開発環境など、
全般的にiPhoneよりも有利かな、と思ってたんですが、
それは決定的な差にはならないようです。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【_lovel0.KAYAC】FlashVars経由でJSON形式のデータをswfに渡す(AS3)
http://level0.kayac.com/2008/10/flashvars_json_as3.php

JSONはJavaScriptとの非同期通信を実現するのに
特化したプロトコルですんで、
当然そのままではFlexでは受け取れません。

上記エントリでは、JSON形式のデータを
FlashVarsを通してSWFに渡す方法を紹介しています。

私だとExternalInterfaceを使うことを考えますけど、
どっちが使い勝手が良いんでしょうね?



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【akihiro kamijo】Flash Player 10 のクリップボードに関連する変更 / Flash Player 10 のファイルアップロード仕様変更(セキュリティ関連)
クリップボード / ファイルアップロード

Flash Player10からクリップボード、
つまりCopy & Pasteで扱える情報保存領域の扱いが
変更になりました。
先ほどの記事で紹介した、
セキュリティ対策によるものですね。

具体的にはSystem.setClipboard()の使用が
制限されたり、逆に今まではAIRでしか使えなかった
Clipboardクラスが使えるようになったり、と
プログラム面での変更が入っています。

同様にファイルアップロードの機能にも
変更が入っています。

既にこれらの機能を使用している場合には
今から見直した方がよいですね。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【ITpro】5つのセキュリティ問題を抱える「Flash Player 9」を使い続けますか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081020/317318/

上記はFlash Player10を、最新の機能ではなくて

> (1)FP10に既知のセキュリティホールは残っていないか?
> (2)FP10使用時の注意事項はないか?
> (3)FP9以前のver.は、いつ使用できなくなるのか?

という、運用面にフォーカスして書かれた記事です。

特に
「クリップボード・アタック」と
「クリック・ジャッキング」については
分かり易い説明が書かれています。

この記事のタイトルはいわゆる「釣り」の類だと思いますし、
FP10では動かないサイトもあるのですが、
セキュリティ面を考慮するとやはり、
できるだけ早くFP10に移行した方が良いでしょう。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【akihiro kamijo】Flash Player 10 におけるセキュリティ変更
http://weblogs.macromedia.com/akamijo/archives/2008/08/flash_player_10_6.html

Flash Player10からセキュリティが強化されています。

具体的には、SWF配信元と異なるドメインの
サーバと通信を行う場合、
適切にcrossdomain.xmlが配置されていないと
セキュリティエラーで通信ができません。

この変更はv9.0.r115の段階で既に実施されていたので
その段階でちゃんとcrossdomain.xmlの設定を
行っていれば、FP10導入時でも特に問題はありません。

crossdomain.xmlは通常、そのサーバのRootに配置します。
ただ、Flash / Flex側で任意のcrossdomain.xmlを
指定することもでき、その場合にはサーバのRootでなくても
通信することができます。

ただ、独自に指定していてもFlash Playerが
勝手にRootのcrossdomain.xmlを取りにいこうとして
404エラーになる場合があります。
この場合でもFP9までであれば、特に問題なく動作しました。

しかし、FP10からはどうも
このFlash Playerが(頼みもしないのに)
取ってくるcrossdomain.xmlが取得できないと
これもセキュリティエラーになるようです。
…なんつーメンドクサい。

私の関わる案件のテスト環境はちょうどこの状態で
FP10だと閲覧できなくなっちゃいました。
本番環境は大丈夫だったんですけど。

本当に上記が原因かはまだ確証が持てないのですが、
結果がわかり次第報告させていただきます。


【Adobe】Flash Player 10ベータでのセキュリティに関する変更について



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【Kanasansoft Web Lab.】XSSを修正しないという事
http://www.kanasansoft.com/weblab/2008/10/xss.html

XSS(クロスサイトスクリプティング)について
切々と危険性を述べて…、というか、これはお説教ですね。

JavaScriptによるXSSのサンプルを用いて
XSSの危険性を指摘しています。
私はたまたま条件を満たしてなかったようで
サンプルの効果を実感できなかったんですが、
ソースを読む限り、検索したキーワードと
連動してるみたいですね。

ともかく、まずは実感してみて、
それからXSSについて真剣に考えてみてください。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。