RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Flex Coder】連珠
http://d.hatena.ne.jp/sato-shi/20080326/p3

サンプルはこちらから。
日本人にはおなじみ、「五目並べ」です。
海外では「Renju」って呼ぶのかしら?

久々にやってみたら、瞬殺されました。...orz
CPU側もActionScriptで実装してるなら
かなりスゴイっす。

なんと、こちらもソースコードが公開されてます。
なんつー太っ腹。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【Flex Coder】うにうにウィンドウ
http://d.hatena.ne.jp/sato-shi/20080326/p1

サンプルはこちら
ウィンドウを移動させると、
風であおられたみたいにヒラヒラとはためきます。
ゆったり動くので、ちょっとうっとおしい。

こちらもソースコードは公開中。
無料で大丈夫だと思うけど…。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【Flex Coder】Vistaルック
http://d.hatena.ne.jp/sato-shi/20080326/p2

Windows VistaみたいなWindow制御を
Flexで行うことが出来ます。
サンプルには触ることができませんが、
こちらから操作中の様子をMovieで確認することが出来ます。

このソースコードも公開されてます。
ライセンスがどうとか書いてあるんですが、一応無料っぽいです。
Flex3が対象みたいですね。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【Flex Coder】ビジュアルグラフ
http://d.hatena.ne.jp/sato-shi/20080403/p1

サンプルはこちら
これだけだと多分なんだかさっぱり分からないと思うので、
簡単に解説します。

要は階層構造を視覚化するFlexサンプルです。
このサンプルで使っている階層は
以下のような構造をしています。


  0
  ├─A
  │ └─A.1~A.6
  ├─B
  │ └─B.1~B.6
  ├─C
  │ └─C.1~C.6
  ├─D
  │ └─D.1~D.6
  ├─E
  │ └─E.1~E.6
  └─F
     └─F.1~F.6



アイコンとかビジュアルに凝っているので
かえって分かりづらくなっていますが、
ま、ただのサンプルなんで、階層自体に意味は無いですね。

で、それを画面左のパラメタを操作することで
見え方を変化できるというものです。

このサンプルもソースコードが公開されています。
右クリックで閲覧してみて下さい。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

教えるときの心がけ
http://www.hyuki.com/writing/teach.html

季節柄、のエントリー。
他者にものを教える際の心構えやテクニックが書かれています。

我々社会人の場合には、新人教育があてはまりますが、
上記の文章自体は学校か塾の教師向けに書かれているようで
「授業に興味の無い(集中していない)人間に、いかに教育を施すか」
みたいなテクニックも書かれています。
新人教育の場合にはそこまで必要ないとは思いますけどね。

個人的にハッとさせられたのは以下の記述。

> 「AはBでもあり、Cのときもあるけれど、
>  Dだったりもするし、Eかもしれない」
> と言われても、生徒は混乱するばかり。はじめのうちは
> 「AはBである」
> と言い切ってしまってもよいのです。


あ~、オレ余計なことまでしゃべってんなぁ。
できるだけ整理して伝えようとは思うんですけど、
なかなか難しいですよね。
どうしても全部伝えようとしてしまう。

ときにはバッサリ説明を捨てることも大事なんですね。
勉強になりました。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【MORI LOG ACADEMY】誰が悪いのか?
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/archives/2008/03/post_1788.php

そりゃそうだ。他のせいにしちゃあいかんよ。



ヨウイチ

テーマ:雑記 - ジャンル:コンピュータ

【てっく煮ブログ】addEventListener のハンドラに trace
http://d.hatena.ne.jp/nitoyon/20080403/eventhandler_trace

なるほど、その手があったか!
というような、目から鱗の落ちるTips。

addEventListenerに直接traceメソッドを登録すると
そのアクションの都度、trace logを吐いてくれるようになります。

書き方の例は上記エントリーを読んでいただくとして、
traceの代わりに自前のLog出力メソッドを実装しても良いし、
予めイベント登録したボタンをカスタムクラスで作っておいて
アプリ全体で使い回せば、
いちいちLogの実装が必要なくなりますね。
こりゃラクチンだ。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。