RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IT戦記】Date().getFullYear() 知らなかった><
http://d.hatena.ne.jp/amachang/20080118/1200639521

昨日の続き。

そういえば私も普段はこっち使いますね。
「2008」が欲しいのに、「108」とか返ってきたら
バグかと思って使わないですもの、普通。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【builder】Ajax活用のポイント:ページ遷移とユーザビリティの関係
http://builder.japan.zdnet.com/sp/ajax-2007/story/0,3800083510,20364885,00.htm

Ajaxはユーザの操作に応じて非同期通信を行い
画面遷移(orリロード)無しで画面の一部レイアウトを
動的に変化させることが可能ですが、
画面遷移が無い、と言うことが
ユーザーに画面が変わったことを分かりにくくしている
というデメリットになってしまう場合もあります。

上記ではそのような事態を防ぐ為、
変化した部分をハイライトしたりアニメーションさせたり、
といった、インパクト付けを、
Spryを使ってどのように実装するか説明しています。

便利なだけじゃダメ、きっちり自己主張しないと、ってことですな。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【builder】Adobe AIRで作るデスクトップRSSリーダー
http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20364216,00.htm

最近、「AIR」と言えばMacintoshの新型ノートPCですが、
こちらではいつも通りAdobe AIRです。

今までこのblogでは、AIRの開発は
MXML+ActionScript3、つまり、Flexの技術を使って
開発すると紹介してきましたが、
実際にはJavaScriptやHTMLでも開発は行えます。

上記記事では、開発言語としてJavaScript、
開発環境にEclipseベースのAptanaを使用して
AIRによるRSSリーダーの開発を紹介しています。

Aptanaは多くのAjaxフレームワークをサポートしており、
今回はSpryを選択して開発を進めています。
AIRもSpryもAdobeが開発したのだから、
という配慮なんじゃないでしょうか。

この記事では
最低限のコーディングしかしていない為、
完成品もあまり見栄えは良くありません。
でも、記事の最後にもあるように
40行以内で書かれているので、
感触を確かめるには手ごろです。
根気のある方は、
さらにそこから色々カスタマイズしてみて下さい。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【@IT】いまさら聞けないActiveX&デジタル証明書入門
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/imasara08/imasara08_1.html

これ、私の「今更聞けなかった」トピック、No.1ですね。

ActiveXはMicrosoftの提供する、
さまざまなWebに関する機能の総称ですが、
最もよくお世話になるのが、ActiveX Controlです。
IEにプラグインをDLして、音楽が聴けたり
映像が見れたりするように出来るものです。
FireFoxのアドオンみたいなもんですね。
(IEの方が先ですが)

ただ、セキュリティ的にはあまり宜しく無い点も多く、
ユーザーが気をつけていないと
うっかりマルウェアやウィルス、トロイの木馬といった
悪意のあるプログラムを取り込んでしまう原因になりえます。

RIA技術者としては
Windows IEでのFlash Playerは実はActiveXです。
なにげにお世話になっているので、
しっかり覚えておきましょう。



ヨウイチ

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

【工学ナビ】「攻殻機動隊」「電脳コイル」の世界を実現!ARToolKitを使った拡張現実感プログラミング
http://www1.bbiq.jp/kougaku/ARToolKit.html

RIAではないんですが、面白かったので紹介。

人間の目だけで見ると、何の変哲も無い紙が
USBカメラで映した映像でモニタ越しに見ると
なぜか3Dの物体が映し出される、
そんなゲームやアニメみたいなことを実現できるのが
ARToolKitです。

実際にやってみる為には
3Dでオブジェクトを自分で描かなくちゃいけなかったり、
(他人から貰うことも出来るみたい)
C言語にそれなりに習熟している必要があったり、と
それなりに労力は要しますが、
色々と面白そうなことができそうな予感がします。

以前たまたま見たテレビで、
小人が人間の手の動きに連動して動く
(押したら押し返す、払いのけたら吹っ飛ぶ、etc)
というデモをやっていました。
今思えば、あの技術はARToolKitの応用なのかも。

この技術が一般的になって
巷にカメラを通してしか見えない情報が増えたら
スカウターみたいなものが常時必要になるかも知れませんね。



ヨウイチ






テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【engadget.japanese】眼に入れても痛くない(らしい)コンタクトレンズ型ディスプレイ
http://japanese.engadget.com/2008/01/17/researchers-put-circuits-on-contact-lenses-freak-out-rabbits/

痛くない(らしい)のは分かったけど、
ちゃんと見えるんでしょうか?
あと、目に入れるときの確度を間違えると
モニタが斜めのままな気がします。

私ならスカウターを選択しますかね。



ヨウイチ

テーマ:モニタ - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。