RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@IT自分戦略研究所】Java SE 5.0の新機能、staticインポートを習得する
http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/5.0drill02/5.0drill01.html

JavaSE 5.0より追加された「staticインポート」と言う機能の紹介です。
私は知りませんでした。というか5.0に
まだ触ったことが無かったりするんですが。

なかなか便利そうですが、油断すると
簡単にコンパイルエラーになってしまいそう。
あと、ソースを後で他人が追う時には、苦労しそうなので
コメントで注釈を付けてあげると親切かも、です。



ヨウイチ

スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【Shigeru-Nakagaki.com】SWF から 使用されている AS3 のクラスを列挙するツール
http://shigeru-nakagaki.com/index.cfm/2008/1/13/20080113-AS3-Class-Exporter

このツールを利用すると、SWFファイルに利用されている
クラス名が列挙されてログ出力されるようです。

最初は、本来は使用したくないクラスが
誤ってSWFに入っていないか、の
チェックに使えるんじゃないかと思ってましたが、
> 面白いことにプライベートクラスまで出力されます ^m^
> さらにSDKではソースが提供されていないクラスや
> ドキュメントに載っていないクラスまで列挙してくれます^m^

っちゅうことなんで、余計な情報まで出過ぎて駄目ですね。
他人の作成したSWFの解析には使えるかも。

使用するためにはFlex SDKが必要です。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【IT戦記】Opera 9.5 の Date().getYear() が IE と同じ仕様に
http://d.hatena.ne.jp/amachang/20080116/1200503294

そもそも、IEとOperaで
Date().getYear()の挙動が違うことを知らなかった私。
そういや昔、Operaでテストしててそんなこともあったような。

Operaは今まで、Date().getYear()で
今年なら108、つまり1900年から何年経ったか、を
返していたのですが、
IEでは2008を返している為、挙動が異なっていました。
Opera9.5からはIEの仕様に統一化されるようです。

ブログ著者のamachangさんは
ブラウザの仕様の違いを吸収する手法も記述しています。
「ダサい」「3800年以降は使えない」と自評していますが
十分な対応なんじゃないでしょうか。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。