RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Seasar.org】Seasarカンファレンス に行ってきました。
http://event.seasarfoundation.org/sc2007autumn/Session

ここしばらく腰の具合が悪くて、
勉強会などの参加は見合わせていたのですが、
久々に調子が良くなってきたので、ちょっと行ってきました。

先に総合的な感想から。
会場は去年と同じ法政大学市谷キャンパスでしたが、
席数も大幅に増えていて
立ち見無しにゆったりと聞くことが出来ました。

あと、天気が崩れたせいもあって、結構寒かったです。
ここ最近、晩秋とは思えぬほど暖かかったので、
完全に油断してました。
そのせいか、今日は風邪気味で眠いです。

参加者は20-30代と見られる、若い男性が多かったです。
…まぁ全体的にオタクっぽい服装の方が多かったですね。
(きっと私もそうだったんでしょうが…)
2%くらいの割合で女性もいたようです。
男性陣がそんなかんじだったので、とても目立ちました。

全部で5つのセッションを聞いてきたので、
簡単に感想を書いてみます。


C1:「Flex2とS2Flex2とAIR紹介」舩倉 純氏
一番楽しみにしていたセッションだったのですが、
寝坊したので前半10分くらいは聞きそびれました…。

割とピンポイントな解説が多く、
全体的な使い方が見渡せなかったこともあって
私はいまいちピンと来ないところがありました。

その中では、XMLの定義のみでFlex→Javaの
受信データフォーマットが自由に変えられるところが
結構便利だなぁとは思ったこと、
後から挙げるUrumaにも言える事ですが、
アノテーションを使う箇所があったことが印象的でした。
…私は、実はアノテーションを使ったことが無いので、
結構危機感を覚えた機能です。


C2:「Urumaによる簡単リッチアプリケーション開発」小森 裕介氏
金曜のうちに資料をDL、印刷して望んだのですが、
(この段階では「S2JFaceによる~」というタイトルだった)
直前に資料を書き換えたらしく、手持ちの資料が
ほとんど役に立ちませんでした…。

今月になって「S2JFace」→「Uruma」と
プロジェクト名が変わったらしいです。
3分クッキングならぬ、30分コーディングをみせて
くれたのですが、(準備が大変そうでした)
途中までXMLのみで画面を作っていくなど、
ビックリするくらい簡単にEclipse RCPで開発を
進めていけるのに驚きました。

画面がXMLで作れることに対して、小森氏は
「普段コーディングなどしない上級SEの人が
 お客さんに簡単に画面イメージを作って見せられる」
と例を挙げていましたが、
デザイナーがRCPの開発に入っていける、という
最近のRIAの特徴をUrumaでも実現できていて
個人的には「RCPはもう無い」と思っていたところに
新風を吹き込んだ形になりました。

この日一番の収穫だったかもしれません。


C3:「テストは人のためならず」和田 卓人氏
私はテストが大っ嫌いなので、
本来はこの手のセッション聴講はありえなかったのですが、
開始前の長蛇の列を見て、なんとなくフラフラと
聴講しちゃいました。が、結果大正解!

「テストの真の目的は心の健康」と言うテーマで
テストがいかに重要か、ということを
切々とプレゼンされていました。
当たり前のことのように感じますが、
内容は結構ためになるものが多かったです。
「テストをより少なくする為には、
 常にテストのことを考えて開発しなくてはならない」
という、まるで禅問答のような答えをもらえたのが
個人的には大きかったです。

もっとちゃんとテストについて考えます。押忍。


C4:「実践的なサンプルアプリをその場でコーディングします!」出羽 健一氏
ライブコーディングを見せてくれる、
と言うことだったんですが…
マシントラブルやら色々あって、
ほとんど進まなかったようです。
…すいません、途中半分くらい寝てました。

出羽氏のblogには、今日のエントリー
> そこで、近日中にライブコーディングの内容を
> Flash動画で公開することにしました。乞うご期待!

とあったので、そちらで改めて確認したいと思います。


A5:「Web2.0 on Desktopを実現するAdobe AIR最新情報」太田 禎一氏
今回のプレゼンでは、Java開発者のみを対象とした
AIRの説明、という観点で行われたようですが、
う~ん、残念ながら目新しい情報はなかったです。
ただ、隣の人はサンプルが動く度に
「おお~っ」とか「すげ~」とか
感嘆の声をあげていました。
知らない人にはそれなりに感動を与えてたみたいです。


各セッションで使われた資料は
SeasarのサイトでDLが可能です。
興味があれば一度読んでみてください。



ヨウイチ
スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【てっく煮ブログ】AS で別ドメインの画像を読み込むときの注意点
http://d.hatena.ne.jp/nitoyon/20071112/crossdomain_img

crossdomain.xmlの有無による
外部サーバーからの画像取得について
例を交えて書かれています。

つーか、やり方さえ選べば
crossdomain.xml無しで外部サーバーから
画像が取ってこれるというのを初めて知りました。
よくよく考えたら
HTMLでだってできるんだから
当たり前っちゃあ当たり前か。



ヨウイチ

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。