RIAトピックス
リッチクライアント/RIAを主テーマに取り扱います。Flex、Ajax、AIR、Silverlight、JavaFX、etc。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneテスト
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【IDEA*IDEA】IKEAのARカタログがすごすぎる…
http://www.ideaxidea.com/archives/2010/06/ikea_ar_catalog.html

 「AR(拡張現実)」というコンセプトは、要するにデジタルデバイスを通して見ることで現実空間には存在しない3Dオブジェクトを上書き描画する、というものです。一番有名なのはおそらく「セカイカメラ」だと思いますが、それ以外にもモバイルアプリを中心に多くのアプリケーションにARは活用されています。その中でもこのアプリは群を抜いて凄いかもしれません。

 家具・インテリア販売のIKEAのiPhoneカタログアプリは、カタログから印刷したARマーカを部屋の床などに置いてiPhoneから覗くと、ARで家具が実寸大で描画される、というもの。実際に部屋に家具を置いた状態が購入前に確認できる、気に入ればそのままiPhoneから購入できる、というスグレモノです。おそらく、今までリリースされたどのARアプリより実用的なんじゃないでしょうか。

 IKEAのサイトで調べてみたのですが、実際のこのアプリがリリースされているのか、それとも単なるコンセプトなのか、ちょっと情報を見つけることが出来ませんでした。もしこのアプリが既にリリースされているなら本当にSFみたいな世界になったなぁ、と感動を覚えますね。



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

優秀な学生はiphoneアプリとかソーシャルアプリとか作らない方がいいよ。
優秀な学生はiphoneアプリとかソーシャルアプリとか作らない方がいいよ。 【ホットココア社長日記より】
http://blog.livedoor.jp/ikiradio/archives/51483335.html

今の流行はタイトルにもあるような、iphoneアプリやソーシャルアプリ(mixiアプリとか)です。
特にiphoneアプリは、先日ipadが発売された事で更に盛り上がっているようです。
しかし、そんな流行に水をさすような意見がありましたので紹介。

詳しくは記事を読んでいただきたいですが、「基礎を怠って、流行の物を作っても意味がない」という事を言っています。
確かにAPIを呼ぶだけのアプリで、喜んでいるようではどうしようもありません。
が、モチベーションを挙げるのはいいことだと思いますし、何より手を動かす事は何よりの勉強になると思うんですが。。。

コメント欄で色々な意見が飛び交っているのでこちらも目を通してみると面白いかと思います。

K.Y

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

Androidがモバイル市場を制する10の理由
Androidがモバイル市場を制する10の理由 【IT総合情報ポータル「ITmedia」より】
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/1005/14/news011.html

現在の携帯電話業界は、docomoの「Xperia」やSoftBankの「HTC Desire」、「iphone」などのスマートフォンが盛り上げています。
その中でもGoogleが開発した携帯電話のプラットフォームAndroidは、現在iphoneが独占しているモバイル市場を近い将来逆転させるでしょう。

その理由として以下の10つ挙げられています。
1. 流れが変わりつつある
2. キャリアの疑念も晴れた
3. 消費者はAndroidを受け入れつつある
4. Googleがバックに付いている
5. 数の力
6. アプリも増えている
7. iPhoneへの熱狂は収まる
8. 業界がAppleに反発
9. 端末ベンダーの支持も増える
10. Googleにはプランがある

これからの主流となるAndoroid。
その理由を知ることで、これからの業界の方向性を探って行きたいですね。



RIAトピックス Androidアプリの開発環境(日本語メニュー)を構築しよう!
http://mfria.blog106.fc2.com/blog-entry-1806.html

Android入門 【JavaDriveより】
http://www.javadrive.jp/android/

K.Y

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

Androidアプリの開発環境(日本語メニュー)を構築しよう!
Androidアプリの開発環境(日本語メニュー)を構築しよう! 【フリーソフトの樹より】
http://freesoftnoki.blog87.fc2.com/blog-entry-1261.html

Googleが開発した携帯電話のプラットフォームAndroidは、モバイルの中心になって行くのは間違いありません。
事実、docomoの「Xperia」やSoftBankの「HTC Desire」など各社から相次いで発売されています。

そんなに話題ならAndroidのアプリケーションでも作るか!という気分になっても、環境構築の段階で断念する事は多々あります。
そんな事にならないように、紹介の記事を参考に開発環境構築を行ってしまいましょう。
下記のように本当に一から環境構築を行うことができます。
①「Android SDK」のインストール
②「Java SE Development Kit」のインストール
③「Eclipse」のインストール
④「Eclipse」の日本語化
⑤「Eclipse」にPluginをインストール
⑥「Eclipse」の設定変更
⑦「Platform API」のインストール

又、同サイトの別記事にてエミュレーターのスキンを変更する事で、「Xperia」風にする手順も紹介しているので、興味のある方は一緒に読んでみてはいかがでしょうか?



パソコンで「Xperia」風Androidを動かして体感してみよう! 【フリーソフトの樹より】
http://freesoftnoki.blog87.fc2.com/blog-entry-1262.html

連載:世界を目指せ!Androidアプリ開発入門 【gihyo.jp … 技術評論社より】
http://gihyo.jp/dev/serial/01/androidapp

速習! Androidアプリケーション開発 【CodeZineより】
http://codezine.jp/article/corner/338

K.Y

テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

【ITpro】Windows Phone 7の詳細を披露、ZuneやXbox 360のコンテンツが利用可能
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100316/345765/

米国Microsoft社は3/15(月)、同社イベント「MIX10」で、次期携帯電話OS「Windows Phone 7」向けの開発ツールを無償公開した事を発表しました。

今回発表されたWindows Phone 7の特徴としては、以下が挙げられます。
  • 携帯オーディオプレーヤー「Zune」の採用(音楽、ビデオ、ポッドキャスト、ラジオを取り扱い可能)
  • オンラインショップ「Windows Phone Marketplace」でコンテンツの入手(購入)が可能
  • 開発環境「End-to-End Application Development Platform」の提供


「Windows Phone Marketplace」に関しても詳細が発表されています。なおMarketplaceの方針等が正式決定するのは2010年5月頃の予定なので、今後変更となる可能性もあります。
  • 専用アプリケーションは全て「Windows Phone Marketplace」から入手
  • Windows Phone 7向けアプリの一般流通にはMicrosoft社の承認が必要
  • 法人ユーザーに関しては内部向けの独自アプリを一般流通させずに配布が可能
  • 課金は携帯キャリア会社経由もしくはクレジットカード
  • アプリは一回削除しても再DL可能
  • 開発者登録費用は$99/年
  • 無料アプリ・広告付き無料アプリも配布可能(ただし開発登録費用は必要)
  • Zuneで使用するコンテンツを購入可能
iPhoneのAppStoreと同じ仕組みも見受けられますが、こういうスタイルが今後一般化していくんでしょう。


特に開発環境はSilverlight4やXNA4.0とも互換性があるとのこと。つまり、Windows Phone 7向けに開発したアプリは、PCでもXBOX 360でも動くのです。IDEもVisual StudioやExpression Blendで提供される為、操作感が殆ど変わらず開発する事が可能です。もこれは凄い!機能もマルチタッチや加速度センサー、GPS、カメラ、マイク、動画ストリーミング、プッシュ通知などが利用できます。

Windows Phone 7の実機の発売は2010年秋頃が予想されています。つまり現時点では実機で試す事は出来ませんが、公開されている開発ツールの中にはWindows Phone 7のエミュレーターも入っていますので、これで当面は試していく事が可能です。

DLはこちらから。まだ今後変更になる点もあるとは思いますが、今から試しておけば大きなアドバンテージになると思いますよ。


【engadget日本版】Windows Phone 7シリーズ開発者ページ公開、ツール提供開始
【engadget日本版】動画:Windows Phone 7 シリーズのマーケットプレース UIデモ
【engadget日本版】マイクロソフト、Windows Phone 7シリーズ向けアプリ開発を解説
【engadget日本版】Windows Phone 7シリーズ、アプリ入手はマーケットプレースのみ
【engadget日本版】Windows Phone 7 Series はコピペ非対応
【Publickey】マイクロソフトのSilverlight 4RCが本日公開、Windows Phone 7の開発ツールも無償公開へ
【ZDNet Japan】「Windows Phone 7」はマルチタスク?そのほかモバイル戦略についての質問と回答



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【第26回国際コミュニケーションフォーラム】AR技術が拓くモバイルコミュニケーション
http://www.jotsugakkai.or.jp/operation/forum/forum.html

モバイルARについてのフォーラムです。
iPhoneアプリの「セカイカメラ」をはじめとしたモバイルARは、非常に身近な存在で、手軽にARを体感できる為、多くの人に触れる機会があり、大きな可能性を秘めていると考えられます。
今後、より多くのビジネス展開が予想され、非常に興味深い話が聞けそうです。

ダイスケ
【CNET Japan】ジェナ、ビジネス特化型のiPhone情報サイトを開始
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20401385,00.htm

企業を対象とした、iPhoneビジネスの記事を紹介します。
iPhoneビジネスといっても、単純にアプリやサービスの開発・提供するのではなく、
情報提供を主として、iPhone導入支援やソリューションの紹介といった、コンサルティングなサービスを提供するようです。

開発技術の向上とビジネス基盤の充実が相乗効果を生めば、更なる発展やチャンスに期待できるのではないでしょうか。
そうなった場合、ノウハウの有無が大きな優位差となる事は言うまでもありません。

ダイスケ

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

【ITmeida】FlashアプリがiPhoneで動く――Adobeが変換ツール
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/06/news057.html

はっきり言って非常にセンセーショナルなニュースです。米国AdobeSystems社は10/05、同社が開催する大規模イベント「Adobe MAX 2009」で、Flash開発環境の時期リリースバージョン「Flash Professional CS5」上でiPhoneアプリが開発できるようになる事が発表しました。

iPhoneは発売当初よりFlash Playerに対応おらず、長らくFlash開発者からはFlashのiPhone対応が切望されておりましたが、それは現在も変わりません。今回の発表ではFlash CS5でiPhoneのローカルアプリが開発できるようになったとのこと。

これにより巷に無数に存在するFlashアプリが簡単にiPhone専用アプリとして移植できるようになるようです。また、Objective-Cを習得せずともActionScriptを覚えていれば学習コストがほぼ0で新たにiPhone開発を始めることができます。

例えば私の場合、AS3は覚えていますのでFlash CS5の使い方さえマスターすればiPhoneアプリの開発を行うことが出来ます。Javaを習得していればAS3の習得は比較的容易ですから、多くの開発者にとっても非常にiPhone開発の敷居が下がったことになりますね。これは大きな革命ではないでしょうか。

ではFlexは?というと、Flexはデベロッパーでも開発しやすいようにそれぞれのコンポーネントにさまざまな機能が予め付いている代わりにややファットなので、そのままPCと比べて貧弱なiPhoneに乗せることは難しいような気がします。まずはFlex Frameworkをモバイル向けに最適化させる必要がありそうですが、こちらも「Flex Mobile Framework」なるものが準備されつつあるようです。Flash BuilderでiPhoneアプリが作れる日が案外早く来るかもしれませんね。



【Flex Coder】iPhone開発
【日経BPネット】FlashでiPhoneアプリを開発可能に --- Adobe MAX 2009基調講演
【_level0.KAYAC】FlashでiPhoneアプリ開発。に向けて準備しよう!
【fladdict】Flash CS5からiPhoneアプリを作成可能に
【中垣 茂】Flash CS5 : iPhone 向けアプリ開発が可能に!AIRもね!
【中垣 茂】FlashBuilder で iPhone 向けアプリが作れるのか...?
【あるSEのつぶやき】Flash Professional CS5 では、Flash を iPhone のネイティブアプリに変更できるらしい
【trick7】FlashでiPhoneアプリが作れるようになる!
【Happy My Life】iPhoneアプリ開発でActionScript 3が使えるようにっ
【CNET Japan】アドビ、「Flash Professional CS5」を発表--iPhoneでFlashのネイティブ対応が可能に
【ClockMaker Blog】待望のニュース!Flash CS5 で iPhone アプリが開発できる(Flash CS5最新情報の翻訳も)
【ITmedia】Adobe、iPhoneアプリを作れる「Flash Professional CS5」発表



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

【Sekai Camera Support Center】セカイカメラ発進!
http://support.sekaicamera.com/archives/191

昨年のTechCrunch50で発表されたコンセプトムービーが話題を呼び、以来iPhoneの象徴のような存在として登場が待たれていた頓知・(トンチドット)社のセカイカメラが、9/24ついに正式リリースとなりました。既に一部が法人向けとして公開されていましたが、本日よりApp Storeで無料で購入できます。

GPS情報を利用して情報(エアタグ)をクラウドに登録でき、登録した内容はiPhoneのカメラを通して実際の風景に3Dオブジェクトとして上書きされます。情報過多で見づらい場合にはフィルタリングもできる機能も備わっています。エアタグの登録にはアカウントの取得が必要です。

その機能については以下のYouTubeムービーを見てもらえれば大体理解してもらえるかと思います。他、裏技的な内容については井口社長自らTwitterでつぶやいていますので、#sekaicameraのハッシュタグ等で情報を探してみるのも良いかもしれません。

おそらく現時点で最も進んだRIAといえるでしょう。旧iPhone3Gでも使えますが、やはり電子コンパスが使えるiPhone3GSの方がより使いやすいと思われます。現在幕張メッセで開催中のTokyo Game Show2009でも公開中との事。次世代のインフラを是非ともいち早く体感してみて下さい。






【CNET Japan】iPhoneアプリ「セカイカメラ」、App Storeにて配信開始
【iPhone・iPod touch ラボ】頓智・(トンチドット)、拡張現実(AR)アプリ『セカイカメラ』のiPhone版をリリース
【MACお宝鑑定団Blog[羅針盤]】投稿可能な拡張現実(AR)カメラアプリ「セカイカメラ」を試す
【GIZMODO Japan】[TGS09]セカイカメラにズームイン!(動画)
【頓知・日記】セカイカメラで出来ること。
【TechCrunch Japan】「スタートアップに贈る言葉:世界を変えるはずだったことを忘れたのか?」への頓智・からのアンサーソング



ヨウイチ

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2005 RIAトピックス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。